読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながさわさんのアレグロモデラート

アレグロモデラート(Allegro moderato)は、速さを示す演奏記号で「穏やかに速く」

おとしあな

雑居ビルに入る中堅IT企業のサーバールームと違い、ちゃんとした会社のサーバールームは電源工事が行えるように床に空洞がある。そのために、工事の経過、もしくは、利便性を考慮したうえでたまに床に穴が空いている。立派なラックにセッティングされたサーバーの裏面をしゃがみこんでまじまじと見つめ、あることを理解し、コンソールのほうに戻ってこようとしたとき、僕の視界は約50センチ降下した。床の穴をまったく意識せずに歩みを進めてしまったようである。僕の左足は電源敷設の空洞埋まってしまった。スラックスの下に擦り傷を感じ、その裾をまくりあげてみると意外とえぐれていて、かなり派手に出血していた。こんな大きな傷をしたのは久しぶりだな。僕の体が傷ついたことはともかくとして、1軍ローテーションのスーツのスラックスに擦り傷がついたことと、裏地に血がついてしまったことに大きくへこんだ。スリッパは空洞の下にあったし、スラックスは、後輩曰く、リフォーム屋さんでちょっとは修復できるそうだ。夕食のあと、消毒液と大きなキズバンを買って処置済み。明日と明後日も出張先だが、帰ったらすぐにスラックスのクリーニングとリフォームをすませよう。なんだこれ、日記だな。本当はもっとおもしろく書きたかったのに。しかも段落ないし。:-)