ながさわさんのアレグロモデラート

アレグロモデラート(Allegro moderato)は、速さを示す演奏記号で「穏やかに速く」

SharePoint Server 2013 (SP1なし) を Windows Server 2012 R2 にインストールする

太田さんのブログ にも書いてあるように、SharePoint Server 2013 は、SP1 でないと、Windows Server 2012 R2 にインストールしようとしたとき、製品準備ツールで以下のように失敗する。

f:id:lakeside_shinnosuke:20171206013902p:plain

SharePoint Server 2013 SP1 の完全な iso ファイル、つまり、SharePoint Server 2013 with SP1 は、Windows Server 2012 R2 の SharePoint 2013 の SP1 のサポート

Microsoft SharePoint Server 2013 サービス パック 1 (SP1) をリリースする前に Microsoft では Windows Server 2012 R2 ベースの環境で SharePoint Server 2013 のインストールできません。ただし、SharePoint Server 2013 の SP1 のリリースにより、この構成は Windows Server 2012 R2 のサポートします。SharePoint Server 2013 の SP1 は、Microsoft Developer Network (MSDN)、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC)、およびマイクロソフト パートナー ネットワーク (MPN) から今すぐダウンロードできます。

とあるように、いわゆる「正規ルート」で入手するのが本来で、

Download Microsoft SharePoint Server 2013 (KB2880552) Service Pack 1 from Official Microsoft Download Center は、インストール済みの SharePoint に適用するパッチで、

試してみる SharePoint Server 2013 | Microsoft Evaluation Center にある img ファイルも、SharePoint Server 2013 without SP1 である。

そして、technet のフォーラムのスレッド SharePoint 2013 with Service Pack 1 の評価版 ダウンロード では、「SharePoint 2013 ではなく、Service Packのみでもない、SharePoint 2013 with SP1 のダウンロードはどこからできるのか?」というドラスティックな質問に対して、「Evaluation Center からダウンロードできないのであればどこからもダウンロードできないと思います。」と、今度は及川さんが駄目を押している。

とはいえ、製品準備ツールではなく、SharePoint の setup.exe を実行したら、足りないモジュールが出てくるわけで、これを手動で行う方法をまとめていたマークさんという方がイギリスにいらした。

How to install SharePoint 2013 on Windows 2012R2

彼の成果を Google 翻訳して追いかけることで、SP1 なしの SharePoint 2013 のメディアでも、Windows Server 2012 R2 にインストールができた。手順を簡単にまとめると、次の通り。(これがいわゆるリブログってやつか。でもローカライズの意味もあるのでお許しください。。。)

1.製品準備ツールで失敗するところまでやりきる

マークさんのブログでいうところの以下の内容は製品準備ツールがやってくれるようだ。

Get-WindowsFeature Windows-Identity-Foundation | Add-WindowsFeature -source:D:\sources\sxs
Get-WindowsFeature Application-Server | Add-WindowsFeature -source:D:\sources\sxs
Get-WindowsFeature Web-Server | Add-WindowsFeature -source:D:\sources\sxs -IncludeManagementTools
Get-WindowsFeature Web-Mgmt-Compat | Add-WindowsFeature -source:D:\sources\sxs

2.WCF Data Services(5.0.512)​のインストール

https://tenbulls.co.uk/2015/03/30/how-to-install-sharepoint-2013-on-windows-2012r2/ にある WcfDataServices.exe​ を実行。

3.Windows Identity Extensions(1.0)のインストール

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=252368 にある MicrosoftIdentityExtensions-64.msi を実行。

4.Windows Server AppFabric(1.1)をコマンドラインからインストール​​​​​​

http://www.microsoft.com/en-gb/download/details.aspx?id=27115 にある WindowsServerAppFabricSetup_x64.exe を以下コマンドプロンプト管理者モードで実行。

​​​​​​​​​​​​WindowsServerAppFabricSetup_x64.exe /i CacheClient,CachingService,CacheAdmin /gac​

​​​​実行後、C:\ にインストール用のフォルダができるので、そのフォルダが消えるまで待つ。

5.リブート

6.AppFabric 1.1 CU1 のインストール

http://support.microsoft.com/en-us/kb/2671763 にある AppFabric1.1-RTM-KB2671763-x64-JPN.exe​​ を実行。

7.Sync Framework Runtime v1.0 SP1 のインストール

http://www.microsoft.com/en-gb/download/details.aspx?id=17616 にある SyncSetup_ja.x64.zip をダウンロードして、zip の中にある Microsoft Sync Framework\syncronization.msi を実行する。

8.Microsoft Information Protection and Control Client のインストール

http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkID=219568 にある setup_msipc_x64.msi を実行。
Microsoft Update は実施しない。

9.リブート

10.SQL Server 2012ネイティブクライアント​のインストール​

http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=239648 にある sqlncli.msi を実行。クライアントコンポーネントだけでよい。

これで setup.exe が動くようになるのでプロダクトキーを入れてインストールを開始する。終わったら、マークさんのブログにも書いてあるように、Download Microsoft SharePoint Server 2013 (KB2880552) Service Pack 1 from Official Microsoft Download Center にある officeserversp2013-kb2880552-fullfile-x64-ja-jp.exe を実行して、SP1 をあてることを忘れずに。

ちなみに、マークさんのブログでは、AppFabic のインストールでひと悶着あったことが書いてあり、それを防ぐためのコマンドラインからのインストールで、こちらは、その成果を用いたインストールだったが、どうやら、インストールが完全に終わらないまま、リブートをしてしまったからか、6 の AppFabric 1.1 CU1 がインストールできず、再度インストールしても、MSI 1603 のエラーが返ってきて、インストールできなくなってしまった。これについては、以下 stackoverflow でも議論が盛り上がっていて、
stackoverflow.com

  • PSModulePath にスペースや " (ダブルクォート)があれば除去する
  • AS_Observers、AS_Administrators というユーザーグループがあれば削除する
  • %SYSTEM32%\Tasks\Microsoft\Windows\AppFabric というフォルダがされば削除する

などの解決策があるが、こちらの場合は、3 つめにあてはまった。

これは、regedit で AppFabric という文字を検索したときに、タスクスケジューラの設定と思しきキーにそれがあったからわかったのだが、なんで regedit を検索しようと思ったかというと、上記 stackoverflow の 2 番目の回答で、regedit して、MSI が参照する情報を修正せよ、ということを見たからなのだが、結局のところ、MSI 1603 は、
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/834484/you-receive-an-error-1603-a-fatal-error-occurred-during-installation-e にもあるように、インストールが中途半端であることを示すもののようだ。

ちなみに、上記の stackoverflow で大きく示されている https://jefferytay.wordpress.com/2013/12/11/installing-appfabric-on-windows-server-2012/ では、Windows Update を Install updates automatically (recommended) にせよ、と書いてあるが、コマンドラインインストールでは、それはしなくてもよかったので、これも追記。

おわり