読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながさわさんのアレグロモデラート

アレグロモデラート(Allegro moderato)は、速さを示す演奏記号で「穏やかに速く」

野田さんがんばれ



私の父は富山県の農家の5人兄弟の末っ子です。私の母は新潟県の農家ではありませんでしたが、3人兄弟の末っ子です。末っ子夫婦の長男、それが私です。

怨念のエンジニアリング、怨念という言葉が適切がどうかはわかりません。怨念というよりも、私のことばでいえば、利権も何もからまない、単なる好き嫌いと、組織が複雑すぎるゆえに、保身せざるをえなく、言いたいことがいえない、仲の悪いエンジニアリング。もう、ノーサイドにしましょう。


野田さんのスピーチ。
うまいだけでなくて、自分の言葉になっていて、少なくとも僕には骨までしみわたった。
言わされていない。

海江田とは大違いだな。
経済産業大臣を辞めたがっていたのに、担がされてかわいそうに。

民主党に政権が変わって、やっぱり、民意が伝わっているように、僕は思うな。
民意が、イチローくんを負かせたんじゃないかな。

いっそ、イチローくんでもよかったようにも思うけど、
バブル以前のビジネスモデルを維持できているのは、東海道新幹線とNTT東西だけといっても過言じゃないだろう。銀行は大変で、サラ金ですら大変な昨今、キーボードのついていない、洗練されたユーザーインターフェースがタッチパネルで実現されているだけの端末を、ソニーでさえも出せなかったことは、日本の経済や、イノベーションが、立ち行かなくなっているということなんだよ。


みんな自分たちの生活を守ることに必死で、ほんとうに質のよいものを選ぶ時代に、2010年代はなってきているのかな。



野田さん、がんばれ。
応援しています。

そして、菅さんは、ほんとうにお疲れさまでした。
どちらかというと理系の私としては、いつか再登板を果たしていただきたいです。
そのときは、10年くらい、総理大臣してください。



ごきげんよう。