読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながさわさんのアレグロモデラート

アレグロモデラート(Allegro moderato)は、速さを示す演奏記号で「穏やかに速く」

今日は用事がないので好きなことを書く

久しぶりに用事のない土曜日。Qlair の「君住む街」を思い出した。 6月1日。今日は晴れ。約束のない休日。 午前11時。君の家を訪ねます。大切な忘れ物を思い出したのです。 ひろちゃん(井ノ部裕子)のソロの曲で、内に秘めた情熱が、ささやかな行動となると…

今思い出した

ゴールデンウィークに本名公開キャンペーンとかいって、実家でのできごとを細かくTwitterに写真で載せたり、なんかアレなことして、なんか『夢かなう 愉快な3人 開けゴマ』とかって、美化的に前向きな下の句を馳せたりもしたが、天気はあまり良くなくて、雨…

恋してる女の子ははんぶん不思議

34年間も生きていると、もうれつに、CoCoのはんぶん不思議が歌いたくなることが、まれにある。いやっ、普通はないだろうけど、僕は、まれにある。 このころのシングルは、夏の友達のほうが好きなんだが、はんぶん不思議には、文字通り、不思議で、りくつで説…

演歌ファイナル

こんばんは。 shin'nosukeさんの演歌シリーズですが、これで、今回はいったん終わりにさせていただきます。 生ビールがあるじゃないか。 あるーじゃないか。あるーじゃないか。 生ビールがーあるーじゃなーいかー。 多くの言葉は要らぬ。 キンキンに冷えたジ…

都はるみはロックだな

どうでもいいんだが、きのうのエントリーの埋め込みがうまいこといってなかったみたいなので、ちょっと修正しました。 さて。 天城越えを都はるみが歌っているのを発見しました。 ロックだな。すげえビブラート。もはや誰も真似できない彼女の世界だよね。矢…

演歌ブレイクダウン

ぼくは、ZONEのSecret Baseのことを、演歌だ、と信じてやまない。 というよりも、ZONEについては、言葉の選び方そのものが、思春期の日記のようで、さらに、サビの部分の、 君と夏の終わり 将来の夢を忘れない 十年後もまた会える というあたりは、卒業や、…

エリック・サティ

あけましておめでじゅうございます。 shin'さんは順調に34歳になりました。おいっこの顔がちょっと見えてますが気にせんでほしいがいぜー。 拡大版で見えているバースディカードは、初売りで、母親の手帳を見に行った、石川県庁裏のルネ・ファミーユで買った…

あの頃のように

高校3年生のときの担任の先生は、数学が専門だったが、懐古主義はダメだといっていた。当時の僕も、勉強ができなかったくせに、そのとおりだと思っていた。むかしはよかったねとか、楽しかったころの思い出ばなしに明け暮れるような恋人どうしは、結局、前を…

身内の方々以外には、あまり好評ではありません

ちょっと前までゼクシィのCMでやたら流れていた、ふんわりした幸せムードを漂わすこの曲は木村カエラのButterflyという曲だったそうだ。へぇ。 さて。 正確にいえば、11月は今日でおしまいです。 いわゆる下期はもう2ヶ月を過ぎたわけですが、今年いっぱいで…

野球以外

2月28日の記事でも書いたけど、突然、脳裏から、曲の一節が浮き出てくることがある。これは、ピアノを習い始める前からそうだったんだけど、今日は、突然、ドリカムの「星空が映る海」を口ずさんでいた。続けて、スティービー・ワンダーの「OVERJOYED」。続…